知識を深めましょう

AMR(薬剤耐性)について詳しく学びましょう

What Is Antimicrobial Resistance (AMR)?

抗微生物剤とは、感染症を引き起こす細菌や寄生虫(原虫)、ウイルスなどを殺したり、増殖するのを防ぐ働きのある薬剤です。

AMRとは、細菌などが特定の抗微生物剤に対して耐性を得て、「耐性菌」になることで、その薬剤が効かなくなってしまうことを指します。

皆さんの体そのものが薬剤耐性を得るわけではなく、細菌が薬剤耐性を獲得するのです。

From TIME.com. ©2017 TIME USA LLC. All rights reserved. Used under license. TIME.com and TIME USA LLC. are not affiliated with, and do not endorse products or services of, Becton, Dickinson and Company.5

抗生物質耐性と抗微生物剤耐性の違いは?

抗生物質は、細菌感染症の予防と治療に用いられる薬剤です。抗生物質の使用状況に応じて、人間ではなく、
細菌が変化することにより、抗生物質耐性を獲得します。
耐性菌に感染した場合、耐性を獲得していない細菌感染のときと比べて
治療が難しい場合があります。
一方、抗微生物剤耐性とは、より広い意味で用いられる言葉で、寄生虫(原虫)、ウイルス、真菌など、
他の微生物による感染症を治療する薬剤に対する耐性も含みます。

quote icon AMRは一つの国や地域で解決できる問題ではありません。 人や動物、食べ物が移動し、それにともなって微生物も移動する、私たちはそういう世界に住んでいるのです6 quote icon
- ジム·オニール
Jim O'Neill From Superbugs: An Arms Race Against Bacteria

AMRについて、どのくらい知っていますか?

AMRについてどのくらい知っているか、クイズに答えてみましょう

Global Effects of Antimicrobial Resistance

Latest Findings

Wide variation in antibiotic use found in US NICUs
Across 51 NICUs on a single day, the prevalence of antibiotic use ranged from 0% to 59%.
Read More
CIDRAP Antimicrobial Stewardship Project Newsletter - Sep 9, 2021
Read More
CDDEP Resistance Map

Learn more about resistance rates around the world (and in your community) with an interactive collection of charts and maps that summarize national and subnational data on antimicrobial use and resistance worldwide.

Read More
Translating antibiotic prescribing into antibiotic resistance in the environment

The environment receives antibiotics through a combination of direct application, as well as indirect release through pharmaceutical manufacturing, sewage and animal manure.

Read More

あなたのストーリーを共有し、
Resistance Fighter”になりましょう